食事内容で体質を変えるのが結局近道

ワキガの臭いを予防する為に、過去色々試しました。

まず清潔に保つ事は大前提。
デオドラントスプレーは効果がイマイチでした。
強いて言うなら直接塗るタイプの方が私には良かったです。

学生でお金が無かった頃には「お酢」を脇に塗っていましたね。
どこで仕入れた知識だったのか忘れましたが、今のようにネットが普及していなかった時代の話なので、TVか雑誌で見かけたのでしょう。

photo

お酢には殺菌作用があるため、効果としては悪くはなかったと思います。
やらないよりはマシという感じで。
ただ、少ししみるのが難点でした。

一番これが効いたな、と実感したのは、食事内容を変える事。
実はワキガ対策として始めた訳ではなく、家族の食事を肉を控えめにする必要があり、それに合わせていたら結果として自然とワキガの臭いも薄れていきました。
ちなみに同じ理由で油物も殆ど食卓に上る事がありません。

食べる物で体臭が変わる、という話は聞いていたのですが、なかなか馬鹿には出来ませんね。

 

酢の効果は本物!しかしそのまま使わないように

酢に殺菌・消臭効果があるのは有名ですね。
普通は調味料として使われるものですが、臭い消しのために使っているという意見もちらほら見受けられます。

ただ、直接肌に塗るとなると、効果が強くなりすぎないよう、水などでかなり薄めなければいけません。
多くのサイトや雑誌などでも、水で薄めてから使用する事を前提としています。
効果もそうですが、薄めてからでないと、今度は酢の臭いがきつくなってしまいますからね。

また、すでにご存じの通り、食事内容も体臭に直接影響します。
臭いのきついものや肉類はその筆頭ですので、完全に摂らないという事はなくとも、なるべく控えるようにしましょう。