自分の嫌な体臭を予防する簡単な方法

日本人は欧米人と比べるとずっと体臭が少ないと言われていますが、それでも夏の汗をかく時期などは自分の体臭が気になることがあると思います。

私が一番気にする自分の体臭は脇の臭いです。
汗をかいて蒸れたりすると、その悪臭に自分自身うんざりするだけではなく、誰かに気づかれはしないかと気になって、いてもたってもいられなくなります。

脇の臭い対策として私は制汗スプレーを用いています。
これですと臭いのもとになる汗自体を押えられますし、どのスプレーもたいてい爽やかな香りがついていますので、ちょっと汗をかいてもごまかせます。
体臭対策に香水を用いたこともありますが、時として体臭と混ざってさらにひどい悪臭を生み出すことがあるので、体臭対策として香水を使うことはやめてしまいました。

自分の嫌な体臭を予防する簡単な方法

また、お客様と会う時などは口臭にも気を付けています。
していることは歯磨き、薬用のマウスウォッシュの使用です。
自分の口臭は自分ではなかなか気づきませんが、歯の健康にも良いことですし、さっぱりして気持ちいいこともあり続けています。

あとは、夏場などにはこまめにシャワーを浴びたりして清潔な服を着るようにすることでしょうか。

どれも手軽にできる予防策なので、このようにして周囲の人を不快にさせないように気を付けられればよいと思います。

 

香水はあくまで飾りのようなもの。体臭対策には不向き

体臭対策の1つとして意外と多いのが、香水でごまかす方法。
一見効果的なように見えますが、実はあまりお勧めできません。

投稿者の方もおっしゃる通り、体臭の強さ次第では酷い悪臭になってしまう事が多々あります。
そもそも、体臭が強めの人は、体臭を「ごまかす」よりも「抑える」事に重点を置いた方が良いでしょう。
もっと言えば、体臭が強くなくても、香水をつけすぎてしまうと、「悪臭」と感じる人が居る事にも留意したいところです。