自分の嫌な体臭を予防する簡単な方法

日本人は欧米人と比べるとずっと体臭が少ないと言われていますが、それでも夏の汗をかく時期などは自分の体臭が気になることがあると思います。

私が一番気にする自分の体臭は脇の臭いです。
汗をかいて蒸れたりすると、その悪臭に自分自身うんざりするだけではなく、誰かに気づかれはしないかと気になって、いてもたってもいられなくなります。

脇の臭い対策として私は制汗スプレーを用いています。
これですと臭いのもとになる汗自体を押えられますし、どのスプレーもたいてい爽やかな香りがついていますので、ちょっと汗をかいてもごまかせます。
体臭対策に香水を用いたこともありますが、時として体臭と混ざってさらにひどい悪臭を生み出すことがあるので、体臭対策として香水を使うことはやめてしまいました。

自分の嫌な体臭を予防する簡単な方法

また、お客様と会う時などは口臭にも気を付けています。
していることは歯磨き、薬用のマウスウォッシュの使用です。
自分の口臭は自分ではなかなか気づきませんが、歯の健康にも良いことですし、さっぱりして気持ちいいこともあり続けています。

あとは、夏場などにはこまめにシャワーを浴びたりして清潔な服を着るようにすることでしょうか。

どれも手軽にできる予防策なので、このようにして周囲の人を不快にさせないように気を付けられればよいと思います。

 

香水はあくまで飾りのようなもの。体臭対策には不向き

体臭対策の1つとして意外と多いのが、香水でごまかす方法。
一見効果的なように見えますが、実はあまりお勧めできません。

投稿者の方もおっしゃる通り、体臭の強さ次第では酷い悪臭になってしまう事が多々あります。
そもそも、体臭が強めの人は、体臭を「ごまかす」よりも「抑える」事に重点を置いた方が良いでしょう。
もっと言えば、体臭が強くなくても、香水をつけすぎてしまうと、「悪臭」と感じる人が居る事にも留意したいところです。

足の臭いの克服は角質ケアから

体臭にもいろいろありますが、中でも女性なのに足が臭うのはかなり致命的ですよね。

photo

そんな私も少し前までは足が臭いと自分でもわかるほどでした。
なので当然人前で靴を脱ぐのも恐怖だし、飲み会で小上がりの席だとわかった瞬間にもうテンションが下がってしまったものです。

でもあるとき思い立って足裏の角質ケアを徹底的に行ったんです。
普段きちんとお風呂に入ってキレイにしているつもりでも、角質って思いのほか溜まっているんですよね。

本当は最初からプロのフットケアを受ければ良かったのですが、恥ずかしさもあってまずは自宅で足裏の角質を徹底的に落とすようにしました。
バスタブにゆっくり浸かって皮膚を柔軟にしてから軽石で痛くない程度にやさしくこすって、その後フットケアようのお手入れクリームで保湿、の工程を毎日続けたんです。

そしたら、ピカピカの足裏になることができたんですよ。
と同時に悩みの足の臭いもなくなっていたので、私の場合は古い角質ケアができていなかったことが原因だったのでしょう。

もしも今、足の臭いで悩んでいるのなら、角質ケアをしっかり行うことを強くおすすめします。
何よりご自身の足裏を労わりつつ、臭いケアしましょうね。

 

角質は臭いの原因!定期的なケアで除去しよう

「臭いと角質って関係あるの?」と思う方も居るでしょうが、大いに関係あります。

臭いの原因が雑菌であるという事は、このサイトをご覧いただいている方ならご存じの事でしょう。
これらの雑菌は、古くなった角質を分解する性質を持っています。
そして、この時に悪臭が発生するのです。

そういうわけで、定期的に古くなった角質を除去し、悪臭の原因の1つを断つ事は非常に効果的です。
見た目も綺麗になり、悪臭も消せる角質ケアは、ほぼ必須といっても過言ではありません。

軽いワキガはアルコール洗浄

昔はあまり体臭はなかったほうですが、歳をとるにつれて左の脇だけが臭ってきました。
特に夏は普通に作業しているだけでも気になるほどで、悩みの種でした。
なぜワキガが起こるのかを調べたら、臭いの強い皮脂腺から出る汗に雑菌が湧くからということでした。

皮脂腺は手術でもしなければ難しいでしょうが、雑菌が沸くのを抑えることは簡単にできます。
消毒液として使う消毒用アルコールをガーゼで濡らし、脇を拭くだけ。
これだけでも数時間は抑えることができました。

photo

きちんと脇のお手入れをする、風呂上がりの清潔な時に行えば1日は保つことができます。
やはり清潔なうちから消毒しておくことが消臭の秘訣のようです。

たとえ脇をアルコールで拭くだけでも、数時間経って効果がなくなれば再び拭けば良いのです。
試しに重度のワキガの夫に試してみたところ、1時間くらいは効果が持続しました。
脇以外には特に臭わないなら、アルコール消毒はお勧めします。
ただし脇を剃った直後は肌が痛むので気をつけましょう。

 

アルコールは殺菌効果抜群!ただしつけすぎに注意

消毒液は、すでに繁殖している雑菌だけではなく、その後の雑菌の増殖も抑える事が期待できます。
効果が永続するわけではないので数時間程度で消毒し直す必要はありますが、それでも市販されているデオドランド剤並みの効果を得られるでしょう。

なお、除毛直後もそうですが、普段からアルコールをつけすぎてしまう事もなるべく避けてください。
殺菌効果が強くなりすぎて、ある程度必要な雑菌までいなくなってしまい、炎症を起こす可能性があります。

私の腋と足の消臭対策

現在、腋と足の臭い対策を行っています。

腋はまず、脱毛しています。
毛が生えた状態のほうが臭くなるときくので、脇毛に気がついたときお風呂上りにピンセットで抜いています。
それから制汗スプレーを冬でも使用しています。
冬のほうが臭いがこもりがちになるので、なるべく風通しの良い服を着て時間がないときには服の上からスプレーを噴射しています。

そして、足に関しては夏でしたら素足にサンダルでいるよう心がけています。
そのほうが臭いがこもらないので臭くなりません。
夏以外の季節にパンプスやスニーカー、ブーツを履くときはグレンズレメディという抗菌・消臭に有効な白い粉を靴の内側にふりかけ、使用しています。

photo

こちらのグレンズレメディは10年ほど前から使用していますが本当に優秀です。
少量で嫌な臭いを消してくれます。
とても使いやすくて私の場合、一回ふりかけると一ヶ月くらい効果が持続します。
グレンズレメディ自体の臭いも石鹸に似たさわやかな香りなので不快になる方は少ないでしょう。

腋と足の臭いは今後もこちらのやり方で予防していきたいです。

 

腋の臭い対策にムダ毛処理は必須!足の臭いを「消す」努力も大切

まず、腋の臭いを防ぐ上で特に基本とされるのが「ムダ毛の処理」です。
腋の毛が生えたまま放置していると汗や雑菌がこもりやすくなり、必然的に臭いやすくなってしまいます。
エチケットの面でも、腋の毛はこまめに処理しておきたいところです。
一度脱毛してしまえば、その後気にならなくなるのでお勧めの方法です。
しかし、汗・臭い対策は引き続き必要ですので、気を抜かないでくださいね。

グレンズレメディは今回初めて見たのですが、ネットで調べてみると非常に優秀なアイテムとして人気があるようです。
足ではなく靴に使う物のようですが、長期間に渡って効果を発揮するというのは確かに重宝しそうですね。

ちょっと反則技かもしれない芳香スプレーの利用法

私は子どもの頃から汗かきで、特に暑い季節の自分の体臭にはとても悩んできました。

制汗剤も、定番から新製品まで、目についたものは片端から試してみました。
ところが、「朝塗って夜までOK!」などと書かれている商品でも、夜どころか数時間後には汗臭さが気になり始める始末でした。
おそらく日本人にはそれほど体臭のきつい人は少ないので、制汗剤もこのようにマイルドな効果なのだろうと思っていました。

そんなとき、友人がある方法を教えてくれました。
最近は、女性が満員電車に乗ったときなどの対策用に、衣服にスプレーするタイプの消臭芳香剤が何種類も出回っています。
香りも女性向けに、わりと濃厚な感じのフローラルタイプが多いようです。

photo

商品の説明には、「服にスプレーした後、乾いてから着用してください」と書いてあります。
そのため、私は面倒だと思って、これまで自分で買ったことはありませんでした。
しかし友人は、乾こうが乾くまいがそんなことはかまわずに、これをひたすらスプレーし、効果を得ているというのです。

そこで私も、汗をかく前と汗をかくたびごとに、このスプレーを少量ずつこまめに服の脇のところに吹き付けてみました。
すると今までの方法の中では一番効果があり、今年の夏は比較的汗の臭いが目立たずにすみました。
量がちょっと多いと香りが濃厚すぎるのが難点ですが、適量を使う限り、時間が経つと香りのほとんどは飛んでしまうので重宝しています。

 

肌の表面の臭いを消しても、衣類が臭っていては意味がない

汗の臭いを気にする人にとって、「臭い対策=汗対策」がポイントとなる事は多いでしょう。
もちろん汗そのものを抑える努力は必要ですが、それでも完全に抑える事は難しいかもしれません。
抑えきれなかった汗は衣類に染み込み、時間が経つにつれて雑菌が繁殖し臭いの原因となってしまいます。

ですから、皮膚の表面だけではなく、衣類に染みついた汗の臭いを改善する事も大きなポイントとなります。
今回のように、衣類用のスプレーなどで染みついた臭いを消すのも1つの方法ですね。
普段の汗対策と合わせれば、より効果が実感できるでしょう。

私の脇のニオイ対策方法

私は年間を通して脇のニオイには気を付けています。

photo

夏は汗をかくということもあり、通気性のよい服装と汗をかいてもニオイが気にならないように、制汗剤を毎朝つけて出かけます。
汗をかいたら汗ふきシートでふき取り、脇や体を冷やして汗をとめるようにします。
夏はこれだけで意外とニオイに悩まず過ごすことができます。

春もそうだし、秋冬も意外とニオイが気になってしまう季節です。
特に厚着になる冬は汗をかきやすく、それのニオイがニットに移ってしまうこともあります。

対策としては、朝の制汗剤と日中の汗ふきシートでこまめに汗をふくことは必須です。
汗が蒸れやすい厚着の季節には、制汗剤を脇に多めに塗るようにして嫌なニオイを防ぐようにしています。

こまめな臭い対策をすれば脇の強いニオイも抑えることができます。
面倒がらずに制汗グッズでお手入れしていればいつでもニオイが気にならず快適に過ごすことができます。
自分の好きな香りの商品を見つけたり楽しみながら対策しています。

 

人は年中無休で汗をかく!だからこそ対策は忘れずに

確かに、多くの人が「汗=夏」と考える事でしょう。
しかし、実際には季節や気温に関係なく、年中無休で汗をかいているのです。
わかりやすく言うと、毎日の就寝中にもかなりの量の汗をかいているので、体質によっては毎日のケアが欠かせません。

厚着になり体温がこもりやすく汗をかきやすい秋・冬も、汗対策を怠ってはいけません。
一度汗をかいて、その後も厚着の下でこもってしまうので、場合によっては夏より秋・冬の方が気になるという人も居るくらいです。
冬の定番かつ洗濯に手間がかかるニット製品に臭いが移ってしまうと、色々と面倒ですよね。

私が通年行っている体臭予防

私は割と体臭がきつい方なので、季節問わず体臭対策は行っています。

まず、外から帰ってきたときに汗ふきシートで脇や首などを拭くのは、汗ばむ季節では必須となります。
汗をふきとって清潔にしたあと、スプレータイプの制汗剤を併用します。
汗をかかないときはスプレータイプの制汗剤のみを利用しています。

photo

また、お風呂上りや着替えのときは、ロールオンタイプの制汗剤を付けて出来るだけ体臭を防ぐようにしています。
これらの方法で自分も含めかなり快適に過ごせています。

しかしながら体臭の強さというのは体質もあるので、常に臭いを抑えることをしなければなりません。
臭いがきつくならないためにも、食べ物で味が濃いものや体臭に関係しそうなものは控えるようにしています。
また、普段から体を動かして代謝をよくしておくことも体臭をきつくさせない良い方法です。

体臭を完全になくすことはできませんが、体臭をできるだけ抑えるために色々工夫を行っていることが大切なのです。

 

ロールオンタイプや汗拭きシートはより利便性が高い

制汗スプレーはどうしてもパウダーが舞ってしまうので、使えるのは自宅などごく限られた場所になります。
しかし、ロールオンタイプの制汗剤や汗拭きシートなら、パウダーが舞う心配もありません。
汗拭きシートならポケットティッシュの感覚で持ち歩けるので、職場や外出先でも気軽に汗対策ができます。

もちろん、体の内側からも体臭を抑える努力は必要です。
体臭は「ごまかす」よりも「抑える」方が、より改善しやすくなりますから、日頃の食生活などを見直す事は必須と言えます。

肉食を続けると体臭がきつくなるのは本当でした。

運動をしていることもあって、壊れた筋肉の補修、維持のためどうしてもたんぱく質をたくさん摂らなくてはという気持ちが働きます。
それだけでなく、たんぱく質を摂ると痩せやすい体になりますからダイエットのことも考えていました。

手っ取り早くたんぱく質というとやはりお肉です。
基本的に毎晩お肉を炒めたり茹でたりとおかずに一品摂り続けていたところある日自分の体臭がきつく感じてしまいました。
やはり肉食が続くと体臭がきつくなるというのは本当でした。
そこで、たんぱく質は豆腐、納豆など植物性のもので摂るように心がけましたらやはり体臭は気にならなくなりました。

photo

それ以外に大切なことはやはり老廃物を溜めないことです。
毛穴に皮脂や汚れが詰まれば体臭の原因になって当然です。
詰まりがなければ臭わないはずだと考えました。
運動で汗を出す、もしくはお風呂などで毛穴を開かせて老廃物を出す、いわゆるデトックスですがこれは体臭予防に効果的です。
さらさらとした汗だと臭わないし、肌表面もきれいになるのでこれはおすすめの方法です。

体臭予防は食べるものと老廃物を出すことにつきると思います。

 

たんぱく質は必須!しかし偏り過ぎも問題

たんぱく質は毎日摂取しなければいけない、大切な栄養素です。
肉や魚などから摂取する動物性たんぱく質と、大豆などから摂取する植物性たんぱく質が存在します。

より体力をつけたい人は、肉を多く食べる事でしょう。
たんぱく質を摂取するという観点では問題ないのですが、肉を食べ過ぎるとどうしても体臭に影響が出やすくなります。
豆腐・納豆は肉のように体臭がきつくなる事はほぼありませんし、ヘルシーかつ栄養豊富なので、積極的に食べましょう。

ここにデトックスの効果を合わせると、より効率的になります。
そのためには、毎日清潔を心がける事が重要です。

食事内容で体質を変えるのが結局近道

ワキガの臭いを予防する為に、過去色々試しました。

まず清潔に保つ事は大前提。
デオドラントスプレーは効果がイマイチでした。
強いて言うなら直接塗るタイプの方が私には良かったです。

学生でお金が無かった頃には「お酢」を脇に塗っていましたね。
どこで仕入れた知識だったのか忘れましたが、今のようにネットが普及していなかった時代の話なので、TVか雑誌で見かけたのでしょう。

photo

お酢には殺菌作用があるため、効果としては悪くはなかったと思います。
やらないよりはマシという感じで。
ただ、少ししみるのが難点でした。

一番これが効いたな、と実感したのは、食事内容を変える事。
実はワキガ対策として始めた訳ではなく、家族の食事を肉を控えめにする必要があり、それに合わせていたら結果として自然とワキガの臭いも薄れていきました。
ちなみに同じ理由で油物も殆ど食卓に上る事がありません。

食べる物で体臭が変わる、という話は聞いていたのですが、なかなか馬鹿には出来ませんね。

 

酢の効果は本物!しかしそのまま使わないように

酢に殺菌・消臭効果があるのは有名ですね。
普通は調味料として使われるものですが、臭い消しのために使っているという意見もちらほら見受けられます。

ただ、直接肌に塗るとなると、効果が強くなりすぎないよう、水などでかなり薄めなければいけません。
多くのサイトや雑誌などでも、水で薄めてから使用する事を前提としています。
効果もそうですが、薄めてからでないと、今度は酢の臭いがきつくなってしまいますからね。

また、すでにご存じの通り、食事内容も体臭に直接影響します。
臭いのきついものや肉類はその筆頭ですので、完全に摂らないという事はなくとも、なるべく控えるようにしましょう。

わき汗の匂いを抑えるために行った対策方法

少ししか汗をかいてないのに臭う
電車の手すりに手をかけた時に臭う
フッと振り返った際に体の動きに遅れて臭う

色々な場面でワキの臭いに悩まされました。

ワキガではないけど汗の匂いが気になる!って方にお勧めの対策方法です。
(人によって臭いの感じ方は変わりますが、私の臭いは脇に鼻は近づけないほどです。ただ、大量に汗が出ている場合は臭いません。)

結論から申しますとデオドラント剤を使用するです。
ただ、普通のデオドラント剤を使用するのではなく海外製のものを使用しました。
日本製のデオドラント剤などはほとんどの商品は試したと思います。
それでも一切効果がないので、考えた末に海外製品に辿り着きました。

よく聞かれるように外国の方は体臭が臭いと聞きます。
また、海外ではエチケットとしてデオドラント剤を持ち歩くことが普通と聞きます。
そういった事から海外製品を試したところ効果があったので、紹介させて頂きました。

特に驚いたのがデオドラント剤を塗った翌日も効果があった事です。
日本製のものを使用していた時は3時間持つかどうかぐらいだったのですが海外製品は違いました。

ちなみにスプレータイプよりもスティック状の塗るタイプが一番おすすめです。
通販サイトなどで購入は可能ですので、脇汗の臭いに困っている方は一度使用してみてください。

匂いがキツイのが好きな方は“オールドスパイス”
ナチュラルな匂い(日本製よりはきついです)が好きな方は“ダブ”

photo

時には海外製の商品も検討しよう!スティックタイプは特に優秀

国内で製造されている商品だけに目が行きがちですが、海外で製造されている商品も優秀なものが多いですね。
日本人とは体質が異なるせいか、より効果が強く作られているようです。

そして、デオドラント剤といえばスプレータイプを連想する人が多いでしょうが、私からもスティックタイプをお勧めします。
スプレータイプは粉なので、表面が服などとこすれるたびに落ちてしまいます。
一方、スティックタイプは肌に直接塗り込んでいるので、より効果が持続します。