脇の匂いと食べ物の関係について

私が気になっているのは、ズバリ脇から漂うスパイシーな匂いです。

元々そんなに気になるほど匂いはなかったはずなのですが、かれこれ15年以上前に受けたエステサロンでの脱毛後から、なんとなく匂いが気になり始めました。

夏の暑い日や湿気が凄い日、汗をかいた時にはなんだかこんな匂いしてたっけ?という匂いが漂ってきます。制汗スプレーなども使ってみましたが、スプレーの匂いが苦手で使用するのをやめてしまいました。

carry

ちょうどその頃、インド人の友達が出来てカレーの作り方を教わったことがありました。日本人の私からすると、あり得ない量のスパイスやにんにくを使っているのを見ました。もちろん友達もスパイシーな香りのする人でした。

そんな経験から、きっと食べ物と匂いは関係あるのだろう、と思ったのです。

まずは、体内に入れる食べ物に気を使い始めました。それまでは、香辛料入りの辛い食べ物なども気にせず食べていました。ですが、この脇の匂いが気になり始めてからは、激しく香辛料の入った食べ物を食べることを止めました。もちろんお酒や脂っこい食事なども控えめにして様子を見ました。すると匂いは少しずつおさまっていきました。

ですが今でも蒸し暑い日、シャワーを浴び忘れた時などは少し匂ってしまいます。そんな時は、赤ちゃんのお尻ふきなどで定期的にサッと吹けばおさまる程度にまで回復しましたので、引き続き食べ物で予防していきたいと考えております。

おしりふきは肌荒れにもならず、臭い対策は便利

確かに食べ物は体臭に大きな影響を与えます。なので、そこに気を使うというのはいいことですね。

あと、赤ちゃんのおしりふきを使うというのもいいアイデアです。

制汗シートよりも値段が安く、アルコールが使われてないので、顔を拭くには適しています。

持ち運びにも邪魔にならないので、敏感肌の人には教えてあげたい方法ですね。