ちょっと反則技かもしれない芳香スプレーの利用法

私は子どもの頃から汗かきで、特に暑い季節の自分の体臭にはとても悩んできました。

制汗剤も、定番から新製品まで、目についたものは片端から試してみました。
ところが、「朝塗って夜までOK!」などと書かれている商品でも、夜どころか数時間後には汗臭さが気になり始める始末でした。
おそらく日本人にはそれほど体臭のきつい人は少ないので、制汗剤もこのようにマイルドな効果なのだろうと思っていました。

そんなとき、友人がある方法を教えてくれました。
最近は、女性が満員電車に乗ったときなどの対策用に、衣服にスプレーするタイプの消臭芳香剤が何種類も出回っています。
香りも女性向けに、わりと濃厚な感じのフローラルタイプが多いようです。

photo

商品の説明には、「服にスプレーした後、乾いてから着用してください」と書いてあります。
そのため、私は面倒だと思って、これまで自分で買ったことはありませんでした。
しかし友人は、乾こうが乾くまいがそんなことはかまわずに、これをひたすらスプレーし、効果を得ているというのです。

そこで私も、汗をかく前と汗をかくたびごとに、このスプレーを少量ずつこまめに服の脇のところに吹き付けてみました。
すると今までの方法の中では一番効果があり、今年の夏は比較的汗の臭いが目立たずにすみました。
量がちょっと多いと香りが濃厚すぎるのが難点ですが、適量を使う限り、時間が経つと香りのほとんどは飛んでしまうので重宝しています。

 

肌の表面の臭いを消しても、衣類が臭っていては意味がない

汗の臭いを気にする人にとって、「臭い対策=汗対策」がポイントとなる事は多いでしょう。
もちろん汗そのものを抑える努力は必要ですが、それでも完全に抑える事は難しいかもしれません。
抑えきれなかった汗は衣類に染み込み、時間が経つにつれて雑菌が繁殖し臭いの原因となってしまいます。

ですから、皮膚の表面だけではなく、衣類に染みついた汗の臭いを改善する事も大きなポイントとなります。
今回のように、衣類用のスプレーなどで染みついた臭いを消すのも1つの方法ですね。
普段の汗対策と合わせれば、より効果が実感できるでしょう。

私の脇のニオイ対策方法

私は年間を通して脇のニオイには気を付けています。

photo

夏は汗をかくということもあり、通気性のよい服装と汗をかいてもニオイが気にならないように、制汗剤を毎朝つけて出かけます。
汗をかいたら汗ふきシートでふき取り、脇や体を冷やして汗をとめるようにします。
夏はこれだけで意外とニオイに悩まず過ごすことができます。

春もそうだし、秋冬も意外とニオイが気になってしまう季節です。
特に厚着になる冬は汗をかきやすく、それのニオイがニットに移ってしまうこともあります。

対策としては、朝の制汗剤と日中の汗ふきシートでこまめに汗をふくことは必須です。
汗が蒸れやすい厚着の季節には、制汗剤を脇に多めに塗るようにして嫌なニオイを防ぐようにしています。

こまめな臭い対策をすれば脇の強いニオイも抑えることができます。
面倒がらずに制汗グッズでお手入れしていればいつでもニオイが気にならず快適に過ごすことができます。
自分の好きな香りの商品を見つけたり楽しみながら対策しています。

 

人は年中無休で汗をかく!だからこそ対策は忘れずに

確かに、多くの人が「汗=夏」と考える事でしょう。
しかし、実際には季節や気温に関係なく、年中無休で汗をかいているのです。
わかりやすく言うと、毎日の就寝中にもかなりの量の汗をかいているので、体質によっては毎日のケアが欠かせません。

厚着になり体温がこもりやすく汗をかきやすい秋・冬も、汗対策を怠ってはいけません。
一度汗をかいて、その後も厚着の下でこもってしまうので、場合によっては夏より秋・冬の方が気になるという人も居るくらいです。
冬の定番かつ洗濯に手間がかかるニット製品に臭いが移ってしまうと、色々と面倒ですよね。

私が通年行っている体臭予防

私は割と体臭がきつい方なので、季節問わず体臭対策は行っています。

まず、外から帰ってきたときに汗ふきシートで脇や首などを拭くのは、汗ばむ季節では必須となります。
汗をふきとって清潔にしたあと、スプレータイプの制汗剤を併用します。
汗をかかないときはスプレータイプの制汗剤のみを利用しています。

photo

また、お風呂上りや着替えのときは、ロールオンタイプの制汗剤を付けて出来るだけ体臭を防ぐようにしています。
これらの方法で自分も含めかなり快適に過ごせています。

しかしながら体臭の強さというのは体質もあるので、常に臭いを抑えることをしなければなりません。
臭いがきつくならないためにも、食べ物で味が濃いものや体臭に関係しそうなものは控えるようにしています。
また、普段から体を動かして代謝をよくしておくことも体臭をきつくさせない良い方法です。

体臭を完全になくすことはできませんが、体臭をできるだけ抑えるために色々工夫を行っていることが大切なのです。

 

ロールオンタイプや汗拭きシートはより利便性が高い

制汗スプレーはどうしてもパウダーが舞ってしまうので、使えるのは自宅などごく限られた場所になります。
しかし、ロールオンタイプの制汗剤や汗拭きシートなら、パウダーが舞う心配もありません。
汗拭きシートならポケットティッシュの感覚で持ち歩けるので、職場や外出先でも気軽に汗対策ができます。

もちろん、体の内側からも体臭を抑える努力は必要です。
体臭は「ごまかす」よりも「抑える」方が、より改善しやすくなりますから、日頃の食生活などを見直す事は必須と言えます。

肉食を続けると体臭がきつくなるのは本当でした。

運動をしていることもあって、壊れた筋肉の補修、維持のためどうしてもたんぱく質をたくさん摂らなくてはという気持ちが働きます。
それだけでなく、たんぱく質を摂ると痩せやすい体になりますからダイエットのことも考えていました。

手っ取り早くたんぱく質というとやはりお肉です。
基本的に毎晩お肉を炒めたり茹でたりとおかずに一品摂り続けていたところある日自分の体臭がきつく感じてしまいました。
やはり肉食が続くと体臭がきつくなるというのは本当でした。
そこで、たんぱく質は豆腐、納豆など植物性のもので摂るように心がけましたらやはり体臭は気にならなくなりました。

photo

それ以外に大切なことはやはり老廃物を溜めないことです。
毛穴に皮脂や汚れが詰まれば体臭の原因になって当然です。
詰まりがなければ臭わないはずだと考えました。
運動で汗を出す、もしくはお風呂などで毛穴を開かせて老廃物を出す、いわゆるデトックスですがこれは体臭予防に効果的です。
さらさらとした汗だと臭わないし、肌表面もきれいになるのでこれはおすすめの方法です。

体臭予防は食べるものと老廃物を出すことにつきると思います。

 

たんぱく質は必須!しかし偏り過ぎも問題

たんぱく質は毎日摂取しなければいけない、大切な栄養素です。
肉や魚などから摂取する動物性たんぱく質と、大豆などから摂取する植物性たんぱく質が存在します。

より体力をつけたい人は、肉を多く食べる事でしょう。
たんぱく質を摂取するという観点では問題ないのですが、肉を食べ過ぎるとどうしても体臭に影響が出やすくなります。
豆腐・納豆は肉のように体臭がきつくなる事はほぼありませんし、ヘルシーかつ栄養豊富なので、積極的に食べましょう。

ここにデトックスの効果を合わせると、より効率的になります。
そのためには、毎日清潔を心がける事が重要です。

食事内容で体質を変えるのが結局近道

ワキガの臭いを予防する為に、過去色々試しました。

まず清潔に保つ事は大前提。
デオドラントスプレーは効果がイマイチでした。
強いて言うなら直接塗るタイプの方が私には良かったです。

学生でお金が無かった頃には「お酢」を脇に塗っていましたね。
どこで仕入れた知識だったのか忘れましたが、今のようにネットが普及していなかった時代の話なので、TVか雑誌で見かけたのでしょう。

photo

お酢には殺菌作用があるため、効果としては悪くはなかったと思います。
やらないよりはマシという感じで。
ただ、少ししみるのが難点でした。

一番これが効いたな、と実感したのは、食事内容を変える事。
実はワキガ対策として始めた訳ではなく、家族の食事を肉を控えめにする必要があり、それに合わせていたら結果として自然とワキガの臭いも薄れていきました。
ちなみに同じ理由で油物も殆ど食卓に上る事がありません。

食べる物で体臭が変わる、という話は聞いていたのですが、なかなか馬鹿には出来ませんね。

 

酢の効果は本物!しかしそのまま使わないように

酢に殺菌・消臭効果があるのは有名ですね。
普通は調味料として使われるものですが、臭い消しのために使っているという意見もちらほら見受けられます。

ただ、直接肌に塗るとなると、効果が強くなりすぎないよう、水などでかなり薄めなければいけません。
多くのサイトや雑誌などでも、水で薄めてから使用する事を前提としています。
効果もそうですが、薄めてからでないと、今度は酢の臭いがきつくなってしまいますからね。

また、すでにご存じの通り、食事内容も体臭に直接影響します。
臭いのきついものや肉類はその筆頭ですので、完全に摂らないという事はなくとも、なるべく控えるようにしましょう。