自分の嫌な体臭を予防する簡単な方法

日本人は欧米人と比べるとずっと体臭が少ないと言われていますが、それでも夏の汗をかく時期などは自分の体臭が気になることがあると思います。

私が一番気にする自分の体臭は脇の臭いです。
汗をかいて蒸れたりすると、その悪臭に自分自身うんざりするだけではなく、誰かに気づかれはしないかと気になって、いてもたってもいられなくなります。

脇の臭い対策として私は制汗スプレーを用いています。
これですと臭いのもとになる汗自体を押えられますし、どのスプレーもたいてい爽やかな香りがついていますので、ちょっと汗をかいてもごまかせます。
体臭対策に香水を用いたこともありますが、時として体臭と混ざってさらにひどい悪臭を生み出すことがあるので、体臭対策として香水を使うことはやめてしまいました。

自分の嫌な体臭を予防する簡単な方法

また、お客様と会う時などは口臭にも気を付けています。
していることは歯磨き、薬用のマウスウォッシュの使用です。
自分の口臭は自分ではなかなか気づきませんが、歯の健康にも良いことですし、さっぱりして気持ちいいこともあり続けています。

あとは、夏場などにはこまめにシャワーを浴びたりして清潔な服を着るようにすることでしょうか。

どれも手軽にできる予防策なので、このようにして周囲の人を不快にさせないように気を付けられればよいと思います。

 

香水はあくまで飾りのようなもの。体臭対策には不向き

体臭対策の1つとして意外と多いのが、香水でごまかす方法。
一見効果的なように見えますが、実はあまりお勧めできません。

投稿者の方もおっしゃる通り、体臭の強さ次第では酷い悪臭になってしまう事が多々あります。
そもそも、体臭が強めの人は、体臭を「ごまかす」よりも「抑える」事に重点を置いた方が良いでしょう。
もっと言えば、体臭が強くなくても、香水をつけすぎてしまうと、「悪臭」と感じる人が居る事にも留意したいところです。

足の臭いの克服は角質ケアから

体臭にもいろいろありますが、中でも女性なのに足が臭うのはかなり致命的ですよね。

photo

そんな私も少し前までは足が臭いと自分でもわかるほどでした。
なので当然人前で靴を脱ぐのも恐怖だし、飲み会で小上がりの席だとわかった瞬間にもうテンションが下がってしまったものです。

でもあるとき思い立って足裏の角質ケアを徹底的に行ったんです。
普段きちんとお風呂に入ってキレイにしているつもりでも、角質って思いのほか溜まっているんですよね。

本当は最初からプロのフットケアを受ければ良かったのですが、恥ずかしさもあってまずは自宅で足裏の角質を徹底的に落とすようにしました。
バスタブにゆっくり浸かって皮膚を柔軟にしてから軽石で痛くない程度にやさしくこすって、その後フットケアようのお手入れクリームで保湿、の工程を毎日続けたんです。

そしたら、ピカピカの足裏になることができたんですよ。
と同時に悩みの足の臭いもなくなっていたので、私の場合は古い角質ケアができていなかったことが原因だったのでしょう。

もしも今、足の臭いで悩んでいるのなら、角質ケアをしっかり行うことを強くおすすめします。
何よりご自身の足裏を労わりつつ、臭いケアしましょうね。

 

角質は臭いの原因!定期的なケアで除去しよう

「臭いと角質って関係あるの?」と思う方も居るでしょうが、大いに関係あります。

臭いの原因が雑菌であるという事は、このサイトをご覧いただいている方ならご存じの事でしょう。
これらの雑菌は、古くなった角質を分解する性質を持っています。
そして、この時に悪臭が発生するのです。

そういうわけで、定期的に古くなった角質を除去し、悪臭の原因の1つを断つ事は非常に効果的です。
見た目も綺麗になり、悪臭も消せる角質ケアは、ほぼ必須といっても過言ではありません。

軽いワキガはアルコール洗浄

昔はあまり体臭はなかったほうですが、歳をとるにつれて左の脇だけが臭ってきました。
特に夏は普通に作業しているだけでも気になるほどで、悩みの種でした。
なぜワキガが起こるのかを調べたら、臭いの強い皮脂腺から出る汗に雑菌が湧くからということでした。

皮脂腺は手術でもしなければ難しいでしょうが、雑菌が沸くのを抑えることは簡単にできます。
消毒液として使う消毒用アルコールをガーゼで濡らし、脇を拭くだけ。
これだけでも数時間は抑えることができました。

photo

きちんと脇のお手入れをする、風呂上がりの清潔な時に行えば1日は保つことができます。
やはり清潔なうちから消毒しておくことが消臭の秘訣のようです。

たとえ脇をアルコールで拭くだけでも、数時間経って効果がなくなれば再び拭けば良いのです。
試しに重度のワキガの夫に試してみたところ、1時間くらいは効果が持続しました。
脇以外には特に臭わないなら、アルコール消毒はお勧めします。
ただし脇を剃った直後は肌が痛むので気をつけましょう。

 

アルコールは殺菌効果抜群!ただしつけすぎに注意

消毒液は、すでに繁殖している雑菌だけではなく、その後の雑菌の増殖も抑える事が期待できます。
効果が永続するわけではないので数時間程度で消毒し直す必要はありますが、それでも市販されているデオドランド剤並みの効果を得られるでしょう。

なお、除毛直後もそうですが、普段からアルコールをつけすぎてしまう事もなるべく避けてください。
殺菌効果が強くなりすぎて、ある程度必要な雑菌までいなくなってしまい、炎症を起こす可能性があります。

私の腋と足の消臭対策

現在、腋と足の臭い対策を行っています。

腋はまず、脱毛しています。
毛が生えた状態のほうが臭くなるときくので、脇毛に気がついたときお風呂上りにピンセットで抜いています。
それから制汗スプレーを冬でも使用しています。
冬のほうが臭いがこもりがちになるので、なるべく風通しの良い服を着て時間がないときには服の上からスプレーを噴射しています。

そして、足に関しては夏でしたら素足にサンダルでいるよう心がけています。
そのほうが臭いがこもらないので臭くなりません。
夏以外の季節にパンプスやスニーカー、ブーツを履くときはグレンズレメディという抗菌・消臭に有効な白い粉を靴の内側にふりかけ、使用しています。

photo

こちらのグレンズレメディは10年ほど前から使用していますが本当に優秀です。
少量で嫌な臭いを消してくれます。
とても使いやすくて私の場合、一回ふりかけると一ヶ月くらい効果が持続します。
グレンズレメディ自体の臭いも石鹸に似たさわやかな香りなので不快になる方は少ないでしょう。

腋と足の臭いは今後もこちらのやり方で予防していきたいです。

 

腋の臭い対策にムダ毛処理は必須!足の臭いを「消す」努力も大切

まず、腋の臭いを防ぐ上で特に基本とされるのが「ムダ毛の処理」です。
腋の毛が生えたまま放置していると汗や雑菌がこもりやすくなり、必然的に臭いやすくなってしまいます。
エチケットの面でも、腋の毛はこまめに処理しておきたいところです。
一度脱毛してしまえば、その後気にならなくなるのでお勧めの方法です。
しかし、汗・臭い対策は引き続き必要ですので、気を抜かないでくださいね。

グレンズレメディは今回初めて見たのですが、ネットで調べてみると非常に優秀なアイテムとして人気があるようです。
足ではなく靴に使う物のようですが、長期間に渡って効果を発揮するというのは確かに重宝しそうですね。